写真を撮るのが好き好きちょう愛してる(片思い)

時間つぶしにみてください(控えめ)

年越しに宗谷岬へ行ってきた(到着編)

フェリー行きだか行きじゃないのか分からないバスに乗りてんやわんやありつつフェリーに乗り込んだ。

uuuuu250.hateblo.jp


こちらが前回の日記

 

大事な事を書き忘れていた、バスにいた旅感を味わうプロカップル2名はしっかりフェリーに乗っていたのだ(驚愕)

 

確実に僕らより遠いバス停で降りたはずの彼らはフェリー乗船までの空いた時間を優雅にバスを楽しみ少し遠くから歩き”旅感を増幅させていた”(想像)

焦り漏らし散らかした僕らとは違う世界線で生きてる。やはり世界は広い。

 

新幹線、飛行機、フェリーなど、普段は乗らない高価な乗り物を利用する際は、乗り換えに30分以上余裕を持っていくのがジャスティス小者。

乗り換えに手間取ったらヤバイ。。。乗り遅れたらもう行けない。。。飛行機は他のお客さんの出発が遅れちゃう。。。お金がない。。。権力もない、人望もない、未来もない。サタデーナイッ(弱い)

と考えてしまう小物っぷり全開なので、

そういうのを全く気にしない方がストレスフリーなのでしょうね!!ぺっ!(僻み)

間に合えば何でもいいけど、他人に迷惑、いや、僕に迷惑をかけるやつは不幸になれ(呪詛)

 

フェリーでは寝まくるので時間がよくわからなくなる(痴呆)

 

30日

午前2時頃に起きて船内をウロウロし、無限にロビーを占拠して酒盛りしてる人達から異臭がすることを確認し寝床に戻る、歩くことで身体をほぐす大事な作業だ。

普段からお酒をあまり飲まないので無限に飲み続けてはオシッコを繰り返す人間濾過装置になった事がない、彼らもまた別の世界線で生きてる…異臭…メイワク...呪詛

 

f:id:uuuuu250:20190110161551j:plain

フェリー内からの朝

綺麗に撮れたと思う(納得)

鳥が飛んでて欲しかった(届かぬ想い) 

 

朝食はバイキング(午前9時)

f:id:uuuuu250:20190110160845j:plain

バイキングはどうしても自制が効かない、育ちがわかる

ウインナーに卵の布団をかけて寝かせたら可愛いから食べた(サイコパス

 14時に苫小牧港に到着予定なのでそれまで甲板に出たりお風呂に入ったり楽しんだ。正直もうこの時はフェリーにかなり飽きている。あんなに楽しみにしていたのに飽きてくる。

たくさん食べたい。

たくさん注文する。

お腹がいっぱい。

あんなに食べたかったのに、

どうして苦痛へと変わるのだろう。

(詠み人ぅ-)

フェリーも同じですね。

フェリー=食事

今ではフェリーも僕の一部。

その時なめてたキャンディーはもちろんヴェルタースオリジナル
なぜならフェリーもまた、特別な存在だからです。

 

甲板に出てみると粉雪がまいまくりの大荒れになっていた。

f:id:uuuuu250:20190110161930j:plain

強風でふっとばされそうな中、船を発見(だから何)

ちょっと目を離すとすぐ天気が悪くなる、油断も隙もあったもんじゃあない!

北海道は大丈夫なのか!やれるのかっおいっ!ボンバイエっ!(アゴを出す)

船内放送「めちゃくちゃ順調なので定刻通りに着くし苫小牧はえれ〜晴れってっゾ」(脚色あり)

これには思わず、Zおじさん戦士達もニッコリ。

 

湾内に入るとすっかり波も落ち着いて(湾すげぇ)と思いつつ、甲板に再度挑戦。

船内だと撮るものがあまりないからね、仕方ないね(レ)

 

f:id:uuuuu250:20190110162514j:plain

照らされる海

 

素晴らしい、大変お気に入りとのこと(自画自賛

 

何はともあれ定刻通りに苫小牧港に着。

出口に並ぶ長蛇の列をみつつ、我々はのんびり出ましょうと一服。

僕「よし、ほな、そろそろ行こかぁ」

TCO「乗船券がない」

僕「うん、ほな、そろそろ行こかー」

TCO「あれ?あるぇ?」

僕「そろそろ行こか!!」

TCO「なんで〜〜〜〜〜!!」

フェリーを降りる際は、乗船した人がちゃんとに降りているか確認するため乗船券を再度チェックし下船するのだ。

途中で海にドボンしてたら大変だからね。

部屋番号と名前を伝えたらすんなり降りることができましたとさ(BAD END)

ありがとう、さんふらわあ号!(写真なし)

 

下船中

TCO「バイクだ!!」

僕「ふぁ!」

f:id:uuuuu250:20190110163213j:plain

写っている人だけが喜べる写真

バイクがいると撮ろうとしてしまうのはもう癖ですね(ピント合わず)

使い道のない写真がここで役に立った(無事浄化)

 

レンタカーを借りていざ鎌倉。

f:id:uuuuu250:20190110202415j:image

すでに雪が積もっていたから車内から雪落とし棒みたいなやつで雪をおろすこと叶わず、手で降ろした。(手厚い歓迎)

 

雪落とし棒 『ユキオトス』 YOB-HR 伸縮5段階(2.7m?1.9m)
 

 こんな感じのやつ

 

LINE

僕「in北海道」

スッギ「サムゥイ」

僕「サムゥイ」

TCO「サムゥイ」

一同「COOL TIME」

事前に共有されていた工程表を確認すると稚内にあるANAクラウンプラザホテルに本日お泊りとのこと。

(※2019年1月1日から名称が変わり、サフィールホテル稚内になっている)

 

TCO「うーさん宿とってちょ」(運転中)

僕「ええよ、どこにする?」

TCOANAクラウンプラザホテル」

僕「!?承知したでござるwwwwwコポォwww」(ネイティブ)

無事に同じホテルを予約!!

スッギを除く宗谷バイク組(6人)は当然我々が行くことを知らないからドキのムネムネが止まらないぜ!

 

f:id:uuuuu250:20190110204455j:image

我々の工程表は実にシンプル!一気に北上!北方領土も奪還する!

今日中に着けばいいかなーくらいの気持ちでスタートぅ!

 

どちらかが運転している最中は、片方がツイッターから情報を収集する。

何やら途中パンクをしたらしく(もしかしたらこれは追いついてしまうのでは?)などと思いつつツイッターができない歯がゆさを噛み締めながら、どちらも寝ることなく虚無の車内を過ごす(お通夜)

 

f:id:uuuuu250:20190110214449j:plain

休憩

f:id:uuuuu250:20190110214516j:plain

なんじゃこの深さ

どちらもiPhoneSE。
 

いよいよ、稚内が残り30分くらいになった頃に「晩御飯をどうするか問題」が勃発。

確かに驚かすことを第一目標で来たがここまでお金と時間をかけて、全食セイコーマートのホットシェフだけでは少し味気ない、いや味気なさすぎる!もう少し色気が欲しい!ホルモンだせ!ぶっ生き返す!

ぶっ生き返す

ぶっ生き返す

 

 

一昨年前での宗谷組が美味しそうに焼肉を食べて欲望をただひたすらに満たしているツイートを眺めた記憶が蘇る…(ド鬱)

僕「焼肉くいたい焼肉くいたい」

TCO「待って、彼らが行ったらバレる」

僕「しらんしらんしらん!もうバラそう!わしゃ焼肉食べたいんじゃ!(竹原)」

TCO「落ち着けよ落ち着けよ」

僕「肉以外の店はないんかあー!」

TCO白木屋が…」

僕「いやあああああ焼肉じやあああああ」(ワイパーウィンウィン)

TCO「スッギに聞こう」

 

LINE

スッギ「ホテル着」

TCO「おつかれ茄子!」

スッギ「飯どこにいこうか話してる」

(僕「雪くえ!雪!」)

TCO「ニアミスしないところを選ぶぜ」

(僕「雪いいいい!!」)

スッギ「山岡家(ラーメン屋)になった」

TCO「じゃあ我々焼n...僕「やったあああああああ!!!」

この旅1番の喜びが入った、半ば諦めていた分めちゃくちゃ嬉しかった!

バスの中でみた焼肉屋は完全にこの焼肉のためのふりになった。

焼肉は人を幸せにする。

焼肉 is GOD。

f:id:uuuuu250:20190110213828j:plain

ピンボケ

f:id:uuuuu250:20190110213836j:plain

逆光のビビンバ

なぁんとまぁ美味しそうなのでしょ!

無我夢中で貪りついたとさ(他人事)

 

そしていよいよホテルに向かう。

LINE

僕「なん号室?」

スッギ「205号室」

僕「喫煙の部屋がそこならもしかして同じフロアかもね」

スッギ「こちらをご覧ください」

f:id:uuuuu250:20190110215655j:plain

なんじゃああこりゃああああ

ふた部屋しかない!!!!なんだこれ!!!おわったああああ!!

(正直めちゃくちゃわらった)

 

みんなのバイクを横目に

f:id:uuuuu250:20190110221113j:plain

ナンバーを綺麗にしてあげた

コソコソしながらチェックインをすると701号室だった。

全く問題なく部屋にイン!(エレベーターが本当に怖かった)

f:id:uuuuu250:20190110215931j:plain

ツインとダブルがいつまでたっても覚えられない貧困層

このあとスッギを部屋に召喚

f:id:uuuuu250:20190110221320j:plain

作戦

鶴田は本名でもなんでもない。

 

そしてご対面スッギがいい顔してた。

スッギ「本当にきたのか〜」(笑顔)

我々「当たり前だよなぁ〜」(笑顔)

こうして二つの世界線が密かに交わった。世界は一つ。笑顔。

 

翌31日の作戦をスッギと立ててる最中、

なにやら宗谷岬でキャンプをしない案が出ているらしい。

ここにきて!それはまずい!!!

最後の最後でおっさん逆役満大枚叩いて年越し虚無の2019年が始まってしまう!

なんとか!なんとか宗谷でキャンプをおおおお慈悲〜〜〜〜!!!!!(断末魔)

と明日の再開を夢見て解散。本当に夢になるかも。

 

この後はストロボの使い方を習ってキャッキャしつつ、窓から外の景色を撮影。

f:id:uuuuu250:20190110220556j:plain

宗谷の街灯

なんとも寂しい感じが良いですね、強風だったので雪が写ってないけどぼやっとした感じがたまりませんね(冷静)

真面目に街灯を三脚使って撮ったの初めてな気がする。いや、初めてだ。

 

30日は移動日だったので明日の31日は余裕のある日程で動ける。

驚かせるまであと少しだー!

次回は登場人物が増えます。

 

つづく